2017年08月31日

ポケモンSM 「アシマリ、オシャマリ、いかりのダダリン!」 感想


さて今回は、アシマリの進化形、オシャマリが登場!
スイレンのZワザが、いよいよお披露目ということでしょうか?





ある日、スイレンの家にサトシとマオが遊びに来ていた。
昨日、スイレンのZワザ練習をしていたのだが、見事に失敗してしまい、
気になって様子を見に来たのだった。
バトル慣れしてないからかと悩むスイレンをサトシたちは励ます。

その時サトシたちは人だかりを発見。
イアという女性が、アシマリの進化形であるオシャマリと、
パフォーマンスを行っていた。
オシャマリの色とりどりのバルーンに、スイレンとアシマリは大感激。
イアが水のZワザ、スーパーアクアトルネードを決める。
パフォーマンスは見事大成功を収めるのだった。
スイレンは勢いで、イアに弟子入りを志願してしまう。

イアとそのダンナである、トレジャーハンターのカノア。
二人は海の民であり、世界中の海を旅していた。
カノアのトレジャーハンターとしての実績は、あまり良くない様子。
しかし今回掴んだ情報は本物だと言う。
メレメレ島の近くで船が沈み、そこに宝があるらしい。

出かけて行くカノアを見送り、スイレンたちもイアの指導の下、特訓を開始する。
恐らくアシマリのパワー不足が原因だと指摘し、威力を高める特訓を行う。
オシャマリのバルーンをアシマリのバルーンで割る。
アシマリは早速張り切って行うが、オシャマリのバルーンはビクともしない。
そしてあっという間に夕方。
スイレンとアシマリは、ヘトヘトになるまで特訓した。

Zワザはどんな海でも助けになってくれる。そうイアは言った。
スイレンは寝ながら、どんな海も一緒に行きたいと願うのだった。

翌日からも、スイレンの特訓は続く。そしてカノアの宝探しも続いていた。
スイレンのアシマリは、オシャマリのバルーンを割れるようになった。
そしてカノアも、遂に沈没船の場所を掴んできた。
そこには水タイプの技の威力を上げる、しんぴのしずくが眠っているらしい。
明日、皆でその場所へ向かってみることに。

それをロケット団が聞いていた。
いつもの悪い笑みを浮かべ、お宝を横取りしようと企んでいた。



(アイキャッチはダダリン)



翌日、サトシたちはイアたちと海に出ていた。
沈没船の真下まで向かい、そこでオシャマリの出番となる。
オシャマリのバルーンでカノア包み込み、そのまま海の中へ入っていった。
深く潜っていき、沈没船を発見。しかしそこにダダリンがいた。
どうやらダダリンが守っているようであるが、カノアたちは諦めるつもりはなかった。

ロケット団も最新型の潜水艦で沈没船を目指していた。
しかし不用意に近づいたことで、ダダリンの怒りに触れてしまう。

サトシたちの船とロケット団の潜水艦が、ダダリンのうずしおに巻き込まれる。
このまま皆揃って巻き添えになるのかと思ったその時、
いつの間にかロケット団の潜水艦に、キテルグマが現れていた。
キテルグマが潜水艦のハッチを引っぺがして、ロケット団を引っ張り出す。
そしてそのまま潜水艦を乗り捨てて、ロケット団を運んで逃げ去ってしまった。
一方、サトシたちは依然として大ピンチ。
ここでスイレンが、水のZワザを使うことを思いつく。
渦には渦。逆回転の渦を打ち込むことで、相殺しようというのだ。
自分たちにやらせてほしいとスイレンは強く懇願。
遂に特訓の成果を見せる時が来たのだ。
目を閉じて心を落ち着かせるべく、釣り竿の反応を掴み取るようなイメージを作る。
スイレンとアシマリ、水のZワザのポーズがシンクロする。
Zワザ、『スーパーアクアトルネード』が見事大成功。
渦を打ち消し、ダダリンは海の奥まで吹き飛んでいった。

カノアが沈没船から、しんぴのしずくを取って来た。
普段、苦労を掛けているからと、イアにプレゼントするのだった。
そして翌日、イアとカノアは旅立っていった。
弟子の成長を願っているというイアの励ましの言葉に、
スイレンは強く頷くのだった。

そしてダダリンは、ロケット団の潜水艦の残骸を、嬉しそうに運んでいた。


(To Be Continued・・・・・・)



以下、感想。


遂にスイレンがZワザをお披露目しました!
心を落ち着かせるイコール釣り竿というイメージは、なんとも彼女らしいと思います。
作画もパワー全開で、迫力があってとても良かったです。

ゲストキャラクターのイア&カノア夫婦。
完全にホウエン(九州)の方言が出まくってましたねw
なんだかとても久々にラブコメ的な展開を見たような気がします。
夢を追いかけるダンナ、そしてそれを支える妻。
そしてそんな妻を、ダンナはちゃんと心から感謝している。
なんとも理想的な夫婦ではないでしょうか。
こんな二人の姿を見ていて、スイレンやマオが何かしら反応を見せないかなぁと
期待するのは、仕方がないことだと思いたいですw
殆ど何もなかったのが少し残念だったかな?
まぁ、あくまでスイレンの師匠という形を守ったのでしょう。
ひとまずそう思っておくことにします。


さて次回は、マーマネとデンヂムシのお話です。
ゲットしてから約半年。ようやくメインを務めるときが来たようですね。




posted by 壬黎ハルキ at 20:05 | ポケモンSM アローラ編