2018年10月07日

ポケモンSM 「大量発生チュウ!ピカチュウのたに!!」 感想


さて今回は、日曜お引っ越し後、最初のアニポケです。

ゲスト声優として、藤田ニコルさんがピカチュウ(♀)役で出演します。
どんな感じのピカチュウ声なのか楽しみですね。





サトシとカキ兄妹は、ピカチュウがたくさんいるピカチュウの谷にやってきた。
ピカチュウのコスプレをするピカチュウ大好きお姉さんと出会う。
お姉さんの名前はピカーラ。
ピカーラはサトシたちに、ピカチュウの耳と尻尾を取り付ける。
どこまでもピカチュウになりきっていくのが、この谷でのルールらしい。
カキは恥ずかしがっていたが、ホシの説得でアッサリ陥落していた。

谷にいるピカチュウは皆ピカーラのピカチュウであった。
気が付いたらサトシのピカチュウが、ピカチュウの群れに向かっていた。
しかしカントーのピカチュウ故に警戒されてしまう。
どうやら学校の転校生的な感じのようだ。
そこにとあるメスのピカチュウ(クリン)が歩いてくる。
尻尾で電気のやり取りを行った。
ピカーラによれば、それはアローラにおけるピカチュウの歓迎の挨拶。
しかしサトシのピカチュウは、それを自分がモテたと勘違い。
カッコつけて見事にハズしてしまい、他のメスのピカチュウに避けられてしまう。
・・・が、今度はオスのピカチュウに囲まれ、電気を通して仲良くなる。
発生した電気で毛がツヤツヤになったピカチュウは、皆と一緒に遊び出す。

その様子を見ていたロケット団のミミッキュ。
たくさんのピカチュウたちを見て、怖いオーラを出していた。
コジロウの提案で、ピカチュウゲットの陽動作戦にミミッキュを利用しようとする。
しかし肝心のサトシのピカチュウの見分けがつかない。
面倒だから根こそぎゲットすることに決めた。



(アイキャッチはピカチュウ(♀)(クリン))



サトシたちはツヤツヤになったピカチュウの毛並みを楽しんでいた。
するとさっきのメスのピカチュウ(クリン)がやってくる。
どうやら仲良くしたいらしく、再び尻尾による歓迎の挨拶をしようとする。
しかしサトシのピカチュウはトラウマになったのか、逃げだしてしまう。
クリンはピカチュウを追いかけ、遂に根負けしたピカチュウはクリンと一緒に遊び出す。
するとそこに、ガキ大将風の色違いピカチュウがやってきた。
バンチョーというニックネームを持つそのピカチュウは、クリンに気があるらしい。
要はサトシのピカチュウに嫉妬しているのだ。
案の定、ピカチュウ同士で争いが勃発。決闘にまで発展してしまった。
決闘の特別ルールとして、相手のしっぽに先に噛みついたほうが勝ちとのこと。
ピカチュウたちが取り囲んでリングとなり、決闘がスタート。
いい勝負をするが、サトシのピカチュウのほうがバトル慣れをしていた。
バンチョーのボルテッカーをエレキネットで封じる。
サトシのピカチュウがその隙をついて、尻尾をあむっとかみついた。
決闘はサトシのピカチュウが勝利。バンチョーはピカチュウを認めたようだ。

そこにロケット団のミミッキュが乱入。
ミミッキュのZワザ、ポカボカフレンドタイムを炸裂させる。
Zパワーを極限まで溜めていたため、ミミッキュはZワザにより巨大化。
全てのピカチュウを一気に捕らえてしまった。
しかしそれには、ムサシがゼンリョクポーズを保っていなければならない。
無理な体制を保つ中、なんとか気球を運んできたニャースたちに運ばれようとする。
するとまだ、バンチョーが残っていた。
ここでピカーラがZリングを掲げながら参戦。ピカチュウZを発動させる。
ひっさつのピカチュートが炸裂し、ロケット団の気球は大爆発。
ロケット団は吹き飛ばされ、ピカチュウは解放された。
ピカチュウのエレキネットにより、落ちる全てのピカチュウを無事に助ける。
最後に落ちたクリンを、バンチョーが身を挺して助ける。
ヒーローとなったバンチョーは、クリンと良いムードを作り出していた。

吹き飛ばされたロケット団は森の中に落ち、キテルグマに受け止められ運ばれていく。
サトシは『ひっさつのピカチュート』に興味を抱く。
しかしそれには、ボルテッカーを覚えてないとできないことを知るのだった。



(To Be Continued・・・・・・)



以下、感想。



というわけで、三週間ぶりのアニポケでございました。
初っ端からカキのシスコンっぷりが炸裂! 相変わらずブレないお兄ちゃんですねw
そして今回登場したメスのピカチュウことクリン。
声は藤田ニコルさんでしたが、なかなか良かったんじゃないでしょうか。
流石にプロの声優さんではない分、ちょっとぎこちなかった感じは否めません。
しかしゲストとしては、悪くなかったんじゃないかなと思います。

そして久々にボルテッカーを見ましたね。
更には専用Zワザ、ひっさつのピカチュートも!
サトシがピカチュートに興味津々でしたが、ボルテッカー習得はやはりなかったですね。
今回の展開を見ても、やはりエレキネットのほうが便利そうですし。
(実際、バンチョーのボルテッカーもあっさり止められちゃってましたからね・・・)
個人的にはボルテッカーはすごく好きなんですよね。
大きなリスクはあれど、でんきだま込みでロマン溢れる技だと思います。
しかしアニメでたびたび感じてましたが、動きが単調で読まれやすいんですよね。
迫力がダイナミック過ぎる分、何気に対策されることが多いという。
(みずあそびの技でぬかるんだフィールドに、足を滑らせてしまったりとか)
描写そのものは、凄くカッコいいとは思うんですけどね・・・。

更に今回から、OPが新しいのに変更されました。
歌詞的に、アローラに来てからのサトシを歌っている感じがしましたね。
映像の最後に出てきた前髪の長いイーブイ。
あれが一体どうなるのかが、やはり気になるところですね。
誰かがゲットするのか、それともしないのか。
新たなシーズンの展開が楽しみです!


さて次回は、ロイヤルマスクの握手会がテーマ!
遂に(というか今度こそ?)本人の正体がバレてしまうのでしょうか・・・?




posted by 壬黎ハルキ at 19:02 | ポケモンSM アローラ編