2018年11月11日

ポケモンSM 「ロケット団とヌイコグマ!」 感想


さて今回は、エーテルパラダイスを舞台にヌイコグマが登場。
ヌイコグマの声優は、なんと藤田ニコルさん!
このまま中川翔子さんみたく、アニポケの常連になっていくのでしょうか?





ある朝、リーリエがジェット機でサトシたちの元へ降りてきた。
ルザミーネがネクロズマの出来事について、サトシにも話を聞きたいと言うのだ。
ちょうどサトシも、エーテルパラダイスに用があった。
バーネット博士とゴンベが、お弁当を忘れて行ってしまったのだ。
サトシたちはリーリエとともに、エーテルパラダイスへ向かう。

そのエーテルパラダイスには、ロケット団も潜り込んでいた。
保護エリアのポケモンを根こそぎゲットするためだ。
しかしザオボーに顔が割れているコジロウは、びくびくしてしまう。
そして早速、ロケット団はザオボーに疑われる。
しかし雇い主のビッケが来たことで、なんとか免れるのだった。

サトシはバーネット博士とゴンベにお弁当を渡した。
ロトム図鑑がルザミーネに、ネクロズマのデータを提供する。
ビッケの案内で、サトシたちも保護エリアへ行くことに。

ロケット団はそろそろポケモンゲットをしようと企む。
そこにサトシたちがやって来て、ビックリ仰天。
流石に今行うのはマズい。サトシたちがいなくなってから実行することに決める。
ロケット団はこそこそと別の場所へ移動する。
しかしその際に、ムサシが保護エリアのポケモンチェック表を落とした。
その表をザオボーが見つける。



(アイキャッチはヌイコグマ)



サトシたちは、以前保護エリアで接したメタモンと再会。
エーテルパラダイスでポケモンを自然に帰すことを、卒業と言ってるらしい。

一方、ロケット団が歩いていると、後ろからヌイコグマがついてきていた。
気まずくなって逃げるが、ヌイコグマは全く離れる様子がない。

サトシたちの元に、ザオボーが慌ててやってくる。
来週卒業予定のヌイコグマが、保護エリアにいないというのだ。
サトシたちも手分けして探すことに。
そんなヌイコグマは、ロケット団の元にいた。
ムサシにゲットされたいのではと予測し、モンスターボールを投げる。
しかしヌイコグマはボールをはじき返してしまった。
ヌイコグマはムサシに飛びつく。
そこにビッケがエーテルパラダイス中に放送を流した。
ロケット団もヌイコグマの事態を把握する。
サトシたちに見つかり、ロケット団は思わず必死に逃げ回る。
追い詰められたロケット団は、泥棒ではないと反論。
しかしザオボーに言われた。泥棒でないのなら逃げる必要はないと。
あまりのド正論に、ロケット団は狼狽え、遂に開き直って正体を明かした。

ヌイコグマを取り返そうとピカチュウが立ち向かう。
そこにキテルグマが登場。ヌイコグマと見つめ合い、互いに喜び抱きしめ合う。
キテルグマとヌイコグマは親子だったのだ。
勘当の再会を果たしたキテルグマ。
ヌイコグマを連れ、ロケット団をも回収し、エーテルパラダイスを去っていった。
サトシたちが呆然とする中ビッケは「元気でね」とヌイコグマを見送る。
変則的ながら、ヌイコグマは卒業していったのだった。

そして後日、エーテルパラダイスの保護エリア。
歩いていたビッケが、謎のハニーミツが置いてあるのを見つけた。


(To Be Continued・・・・・・)



以下、感想。


離れ離れになっていた親子の、感動なる再会。
今回はまさにそんな感じでしたね。
ある意味ビッケさんが主役だったようにも思えます。
親代わりとしてヌイコグマを大切にしてきた――そんな様子が盛りだくさんでした。

ヌイコグマがロケット団についてきた理由は、やはり匂いでしょうかね。
保護エリアでニャースの後ろを通りかかった際も、匂いに反応していましたし。
ムサシに飛びついたのは、たまたま彼女が一番後ろを歩いていたからでしょう。
匂いならコジロウやニャース、ソーナンスも該当しますから。
これからはヌイコグマも定期的に登場するのでしょうね。
主にキテルグマが、ロケット団を回収しに来る際についてくる形でw
あと、地味に例のうたうプリンネタ来ましたね。
保護エリアのプリンを見て、ロケット団がビクつくのが個人的には良かったです。


そして今回の「イーブイどこ行くの?」。
遂に前髪イーブイが、メレメレ島らしき場所に到着しました!
マンタインと別れを告げ、バナナっぽい南国フルーツを堪能する場面でした。
三週間後には、遂に前髪イーブイが、本編に登場するみたいです。
どんな展開になるのか楽しみでなりませんねw


さて次回は、ハラさんの孫のハウが(ようやく)登場!
ハウのパートナーはフクスロー。これでサトシのモクローの進化はないか・・・?




posted by 壬黎ハルキ at 18:59 | ポケモンSM アローラ編