2018年12月16日

ポケモンSM 「放て!友情のツインスパーキングギガボルト!!」 感想


さて今回も、ゼラオラさんがメインゲストなお話!
ツインスパーキングギガボルト・・・シンプルながら凄そうな感じがします。





謎の廃墟の世界にやってきたサトシとピカチュウ。
ディアとゼラオラに案内されて着いたのは、廃墟となったポケモンスクールだった。
サトシとピカチュウは驚きを隠せない。
ディアはサトシたちが、平行世界のアローラ地方から来たのだと悟る。
この世界のアローラについてディアは話す。
人間の身勝手さが原因でアローラの自然を破壊し、そこをアクジキングに襲われた。
進むべき道を間違えれば、サトシのいたアローラもそうなるかもしれないと。

クラスメートのことを思い出し、サトシはホームシック気味に。
しかしディアから温かい夕食をもらい、少しは元気になる。
だがそこにゼラオラはいない。しかもディアのポケモンでもないというのだ。
アクジキングをなんとかしたいという気持ちが、二人を合わせた。
あくまで行動を共にしているだけの関係性らしい。

アクジキングの弱点は、あの大きな顔の上にあるもう一つある顔。
そこにゼラオラのプラズマフィストを打ち込む。
その衝撃でウルトラホールまで押し込み、アクジキングをホールの先へ返す。
しかし成功しなかった。
Zワザはディアの世界にもあった。
しかし、自然が破壊されてしまい、カプ・コケコが姿を消したため使えなくなった。
つまり平行世界のアローラは、島の守り神にも見放されてしまったのだ。
それでもディアは、決して諦めてはいなかった。

サトシとピカチュウは特訓を行う。
アクジキングの急所を突く練習を始めたのだ。
ゼラオラを相手にピカチュウとサトシは立ち向かう。
ディアの制止も聞かず続ける。
倒されても諦めないサトシとピカチュウに、ゼラオラの目が変わる。
ゼラオラもディアも少しはサトシを認めたらしく、特訓に付き合うのだった。
サトシとピカチュウの目がシンクロし、ゼラオラに攻撃を当てた。
最後の一撃をディアは称賛する。
しかしサトシは、ディアとゼラオラもとっくに一つになっていると言うのだった。

そして夜明け、アクジキングが姿を見せた。



(アイキャッチはアクジキング)



ディアに認められ、サトシたちもアクジキング討伐に参加することに。
アクジキングをウルトラホールまで誘い込む。
しかしホールは段々と小さくなっていた。
そこにアクジキングが登場。
手筈通りエレキネットで動きを封じ、プラズマフィストと10まんボルトを打ち込む。
しかしあと一歩のところで成功しなかった。
ディアはもう無理だと諦める。しかしサトシは諦めようとしない。
追い詰められたその時、なんとカプ・コケコが姿を見せる。
サトシの知っているカプ・コケコとは色が違っていた。
カプ・コケコの力により、サトシとディアのZクリスタルが光り出す。
Zワザを使えるようになったのだ。
サトシとディアが力を合わせ、Zワザを発動。
ピカチュウとゼラオラによる、ダブルの「スパーキングギガボルト」が放たれる。
強力なZワザでウルトラホールまでアクジキングを押し込む。
そして遂に、アクジキングを撃退することに成功した。

カプ・コケコが空に移動する。
今度はサトシとピカチュウが元の世界に戻る番だった。
奇跡を起こすべく、ピカチュウとゼラオラがバトルを行う。
強力な電撃同士がぶつかり合い、それは空へと昇り、やがて巨大な電撃が落ちてきた。
その電撃が、空間に亀裂を生じさせる。
別れの時がやってきた。
ディアは平行世界のアローラを、必ず元に戻すと約束する。
そして元の世界のアローラを守るよう頼まれ、サトシは強く頷いた。

サトシとピカチュウは、元の自然豊かなアローラに戻ってきた。
ロトム図鑑とも再会。
サトシはポケモンスクールに行き、皆とも再会する。
元の世界では、全く時間が経過していなかった。

そして平行世界のアローラ。
カプ・コケコにより、暗い空が少しだけ明るくなってきていた・・・。


(To Be Continued・・・・・・)



以下、感想。


さてさて、ゼラオラ編の後編でございました。

やはりパラレルワールドでしたね。
前編の冒頭でククイ博士が言っていたことも、大きく関係していたと思います。
人と自然とポケモンが、絶妙なバランスを保って生きている。
ディアたちがいる成功世界は、それが成されなかったが故の世界だったと。
平行世界は次々と無限に生まれており、決して一つだけではない。
滅びたアローラ地方は、数多くある世界の一つに過ぎない。
サトシたちが暮らしている世界も、行動の選択次第でいくらでも変わる。
単なる異世界じゃないということを語られていたのが、個人的には良かったですね。
サトシは理解できていませんでしたが、まぁそうだろうなとは思いました。
自分が10歳の時点で聞いても、多分分からなかったと思いますしw
そう考えると、やはり最近のポケモンはターゲットの年齢層を変えてきてる気がしますね。
キッズアニメではあるんですが、その対象はかつてキッズ“だった”大人たち。
それは、去年や今年の映画にも言えることだと思います。
子供向けでもあり大人向けでもある。
何だかんだで上手いこと調整しつつ作ってるなぁと、そう思えてきますね。

アクジキングにダブルZワザを放つシーン。
BGMはなんと、「XY&Z」のアレンジインストでした。
久々に聞けて嬉しかったです。思わず興奮してしまったくらいにw
あと、先週気づかなかったんですが、ディアの声って山寺宏一さんだったんですね。
人間の声でレギュラー放送に参加されるのは、初めてじゃないでしょうか?
(基本的に映画のゲスト声優枠での参加のみだと思いますので・・・)
視聴者プレゼントもやってましたし、それだけ特別に用意した前後編だったのでしょう。
(今更かもしれないけど・・・w)


さて次回は、2018年最後のアニポケ放送となります。

アローラ地方にタケシとカスミが上陸!
二人の衣装も南国モード。果たしてどんな展開となるのでしょうか?




posted by 壬黎ハルキ at 19:00 | ポケモンSM アローラ編